works

フルキャストで働いてみた

私は、現在の会社で、委託スタッフ(在宅入力の仕事をしながら、時々社内でアルバイト的に仕事をする)という立場で働いています。
正規のパートではないため、仕事が少ない時期には『休み(自宅待機)』ということになってしまいます。
そして、その「休み」状態が約1か月ほど続いたことがありました…。

「ちょっと休みが長すぎないか?!」
と、さすがに焦りました。
時給制ですから、「働かない=収入が減る」ということです。

お金がない!働かねば!

仕事がない時期だけ、働けるところはないものか、といろいろ探してみた結果、フルキャストに登録してみることにしたのです。

 

フルキャストに登録

フルキャストは、短期のアルバイトや日払い・単発・日雇いバイトのお仕事を紹介してくれる派遣会社です。
まず登録が必要ですが、登録説明会に参加する方法と、WEBで登録する方法があります。
わざわざ行かなくとも、自宅で登録できるのならばと、私はWEB登録しました。

PCやスマホの登録画面で必要事項を入力し、身分証明書と本人の証明用写真のデータを添付すれば、登録することができます。

登録後、確認の電話がかかってきました。
現在の仕事の状況
や、働ける日や時間帯などを話した後、すぐに仕事を紹介して頂けることになったのです。

 

仕事デビュー。その内容は

初めての勤務先は、農産物の加工食品などを製造している食品工場でした。
私以外に、フルキャストからもう1名と、他の派遣会社から2名が来ていました。

『冷凍コーンの選別をする』のが初仕事です。
ダンボール箱から、囲いのある台の中にザザ〜っとコーンを開けます。その中から虫食いや変色、潰れなどのある不良品を取り除いていくという作業です。

ひたすら続く、黄色い粒つぶ!
目がチカチカする…。

最初は広い囲いの中で選別し、次にベルトコンベヤーに流しながらさらに選別していきました。
慣れてくると、変色しているものはすぐに見つけられるようになってきます。
ラインに入っているパートさんが休憩に入る時に、代わりにコンベヤーの方に入るようにと言われました。
しかし、このコンベヤーというものは、自分が流れているような感覚になってしまい、ちょっとした乗り物酔いのような感じがします。

そして、1日中、コーンの選別で終わりました…。

 

1日働いた感想

食品会社なので、衛生管理がとても厳しい!

手袋は二重にする。
ネットと帽子を二重にかぶる。その時、髪の毛が少しも出ないようにきっちりかぶる。
ローラーで作業着をコロコロ。
靴を履き替える。
エアシャワーに入る。
などなど、工場に入るまでに何度もチェックがあって、さらに仕事中も定期的に髪の毛や手袋(破れがないかなど)のチェックがあります。
食品工場では衛生管理は基本の大切なことではありますが、やっぱり大変!

その部署のリーダー(女性)が、めっちゃ厳しかった…。
そして、パートのおばちゃんも怖い。

フルキャストは、普通にアルバイトやパートで働くよりも時給は高いです。
現場の人にしてみれば、高い給料払ってるんだから、しっかり働いてくれよ!感がかなりあるような気がします…。

その日の仕事は10:00〜14:30。時給950円。
給料は翌週末に口座に振込みとなりました。
時間的には短いですが、家から少し遠い場所だったこともあり、子どもがいてあまり遅くまで働けない私には、ちょうどよい時間でした。

しかし、コーンはちょっと苦手だな…。


他に働いた職場

① 食肉加工会社
肉をトレイに詰めていく仕事です。
こちらは衛生管理は意外にゆるく、あまり厳しいことは言われませんでした。

しかし、とにかく寒かった!
ある程度寒いだろうと予想はしていましたが、予想を上回る寒さで、1日が終わる頃には体の芯まで冷え切っていました。

そしてここでも、パートのおばちゃんは怖かった。
テキバキこなしていかないと怒られます。
でも、一緒に入っていた経験の長いフルキャストのスタッフさんが、細かく教えてくれたので、本当に助かりました。

② 市場の青果会社
野菜や果物を袋詰めしていく仕事です。
決まった数や重さで袋に詰めていきますが、スピーディーさが求められます。

ぐずぐずしていると、おっちゃんに怒られます。
1つの野菜が終わると、すぐに次の野菜に取り掛かりますが、
「次はこれだ!早くしろ!」って、とにかくおっちゃんがうるさい…。
でも、慣れてしまうとあまり気にならなくなります。
とにかく、さっさと動けば良い。

③ 温泉旅館
調理場での食器洗浄や料理の下準備。客室の清掃、布団の片付けなどの仕事です。

お客さんがチェックアウトした後の布団を片付け、部屋やトイレの掃除をします。
朝食の後片付けをして、食器を食洗機で洗浄したり、夕食で使う食材の下準備もしました。

いつも怒られる系の仕事が多かった中で、唯一穏やかな職場でした。
支配人も他の従業員さんもみんな優しく、昼食も頂けて(無料で)、本当にありがたい職場でした。
ですがやはり、お盆や年末などの繁忙期のみの仕事で、定期的にはないのが残念なところです。

 

実際のところ、フルキャストはどうだった? 〜感じたこと〜

登録してすぐは、優先的にお仕事を紹介してもらえました。
でもその後は、仕事を申し込んでも、通らない(落ちる)ことが結構ありました。
多分、毎日やレギュラーで入れるくらいに仕事ができる人は、優先的に回してもらえるのではないかと思います。
私のようにたまにしか仕事をしないと、順位的には低くなるんでしょうね。
だから、この日に働きたい!と思っても、働けないこともありました

登録してから約1年になりますが、年末やお盆、連休などはやはり仕事の数は多いです。
逆に、かなり少ない時期もあります。
地方だからかもしれません。都市部ならもっと仕事量が多いのでしょうか…。
年末などは人手が足りなかったらしく「出れませんか?」と電話がかかってきたこともありました。そういう時期は、申し込めばたいてい仕事が確定します。

口コミでは、フルキャスト社員の対応が悪いとか、直前でキャンセルされたとか、あまり良くない書き込みも見られますが…。
私が登録しているところは、電話の対応も良い感じですし、電話がつながらないなんてこともなかったので、営業所によるのではないかと思います。

一日単位の仕事は、ぶっつけ本番的で、行ってすぐによく分からない仕事をしなければいけないのが大変だと思いました。
でも、どんなにきつくて大変な仕事でも、鬼のような上司がいても、1日で終わる!と思えば頑張れるというのもいい面です。
そして、たいていどの職場もフルキャストのスタッフさんが数名いるため、心細くないのがよかったです。

日雇いや単発というと人間関係は希薄な感じがしますが、勤務先で出会ったスタッフさんと話してみると「あの職場はおばさんが怖いよ!」など情報交換ができて意外と楽しかったりもします。
家庭の事情があってフルに働けないので派遣をしているとか、訳ありの方もけっこういました。

継続的に働くならば、何箇所か働いてみて、自分に合っている仕事や、比較的働きやすい環境の職場を見つけていくとよいと思います。
また、年末や夏休みなどの繁忙期や、ちょっと収入を増やしたいという時に単発で利用するという働き方もありだと思います。
いろいろな働き方を自分で選べるというのが、いい点ではないでしょうか。