ハンドメイド

よいデザインを作るために、考え直したこと

センスがよいとか、おしゃれに見えるものが、よいデザインなの?
そもそも「デザイン」って何だろう?
意外とわからないものです。

私は今、ハンドメイドサイト『minne』で、缶バッジやキーホルダーを販売しています。
感覚過敏や聴覚に障害があること、食物アレルギーがあることを周囲へお知らせするためのグッズです。
デザインの仕事の経験はないので、自分なりに考えてやってきました。
しかし、お客さまからリクエストをいただくようになり、『どうすれば見やすくて、伝わりやすいデザインになるのか』ということを考えるようになりました。

良いデザインってどういうものなのか。大切なことは何なのか。
あらためて考えたり調べてみて、気付いたことを書いてみたいと思います。

最近、ハッとさせられた記事がありました。
ビジネスプロデューサー スギムーさんの「SoulWorks」というブログ

デザインは、アートではなく、
疑問や課題、不便さなど、問題に対して「答え(解決策)」を示すもの

ということが書かれていました。

デザインは相手のためにあるんですよ。
自己表現でも、自分の作品を残す場所でもなんでもない。
人の生活、人の人生を見ること。
彼らの問題を知ること。
その問題を解決する最適解を表現すること。
それこそがデザインに求められる態度なのだということです。

SoulWorks

デザインは、アートではないんですね。先に相手がいるということ。
相手の立場になって考えていく中で、よいデザインが生まれていくのかな…なんて思いました。

私の商品の目的は「周囲へお知らせする」こと
ヘルプマークの補助的なアイテムとして使用しているお客様も多いです。
ヘルプマークの存在を知らない人でも、缶バッジを目にすることで気づいてもらえるかもしれない。
小さいので、全てを伝えるのは難しい。だから、ごちゃごちゃしないように気をつけています。

「見やすさ・伝わりやすさ」を考えて、『カラーユニバーサルデザイン』についても調べてみました。

カラーユニバーサルデザインとは

東京都のカラーユニバーサルデザインガイドラインがわかりやすいので、引用します。

色はだれにでも同じように見えているわけではありません。ある人にとって区別しやすい配色が、別の人には区別しにくいことがあります。また、加齢に伴い、色覚機能が弱くなる場合があリます。
カラーユニバーサルデザインとは、多様な色覚に配慮して、情報がなるべくすべての人に正確に伝わるように、利用者の視点に立ってデザインすることを言います。

東京都カラーユニバーサルデザイン

感覚過敏の娘を育ててきて、自分が普通に感じてきたものは、実は普通ではないんだということに気づきました。
音の聞こえ方、光の感じ方、ものの見え方…。
自分は「誰から見てもわかりやすい・伝わりやすい」ものを作れているのかなぁ。

私が使っているイラストレーターというソフトには、簡易的な色覚シミュレーションを行う機能がついているということを知りました。
さっそく試してみます!

メニューバーの「表示」→「校正設定」
「P型(1型)色覚」と「D型(2型)色覚」が選択できます。

それぞれの見え方です。通常の表示は↓

必ず、黒かこげ茶色でふち取りしているので、見えにくいということはなさそうです。
ふち取りを消してみると、もはやカメは識別できない状態。

食物アレルギーキーホルダーの方も見てみます。
「アレルギー」の文字を強調するために、赤色にしています。

シミュレーションしてみると…。

どの文字が強調されているのかわからない。ほぼ同じ色に見えてしまいますね…。
では、わかりやすく目立たせるにはどうすればよいのだろう?

参考になるサイトを見つけました。
京都市情報館「わかりやすい印刷物のつくり方」です。

強調したい部分は、赤ではなく朱色を使う。
赤色を使うなら、ふち取りをする、太字にする、下線を引くなど

京都市情報館「わかりやすい印刷物のつくり方」

私の缶バッジやキーホルダーも、もう一度、配色などを考え直してみようと思いました。
ちなみに、私が初めて作ったデザインはこれです。

線が細すぎるかな?文字が読みにくいかな?と改良して、現在はこうなっています。

私のイラストがかわいいとおっしゃってくれるお客さまも多いので、『かわいいもの 気持ちが明るくなれるものを作る』という部分は大切にしたいです。
そして、見やすさと伝わりやすさも忘れないようにしよう。
直径4~5センチの丸型に、文字とイラストをおさめるのは、けっこう難しい。
文字が小さすぎたり、文字数が多くて読めないということがないように、試行錯誤の日々です。

ハンドメイドというと、一人で考えて、黙々と作って売る、というイメージがありますが、決してそうではないんですよね。
お客さまがいて、どうしたら喜んでもらえるかなとか、役に立てるかなとか、いろいろ考えて作る。
リクエストがあったり、提案があったり、メッセージをやりとりしていく中で、ひとりよがりのデザインではいけないな…。と気付かされることがあります。

うさ母
うさ母
アーティストでなくていい。デザイナーになりたいな。