子育てと「発達障害」

聴覚過敏マーク(石井マーク)から得たヒント

苦手なことをお知らせする缶バッジを作ってみた!

感覚過敏について調べていた時、「聴覚過敏」マークの存在を知りました。
『株式会社石井マーク』さんが設計した「聴覚を保護しています・苦手な音を防いでいます」というシンボルマークです。

我が家の娘・ナッツは、聴覚過敏です。
日常生活において耳に入ってくる音。車の音、子供たちの声、工場から聞こえてくる音…等々。
それらの音を脳でうまく処理することができず、過敏に反応してしまいます。
同じ音量で入ってきた音をすべて受け止めてしまう。
必要な音を選択して聞き取ることができないだけでなく、不要な音まで取り込んでしまうために苦痛に感じる…。
発達障害があると、聴覚過敏であることも多いようです。

過去の記事で、イヤーマフを買ったお話をしました。

イヤーマフをつけてみた黒板をキーッ、キーッと引っ掻く音。 ゾゾ〜として、思わず耳を押さえたくなりますよね。 誰にでも、苦手な音ってあると思います。 ...

登校中、爆音のようにエンジンをふかした車が、ナッツのすぐ横を走り去って行ったことがあったそうです。
びっくりして、しばらく心臓のドキドキがおさまらなかったと言います。
そんな時のためにも、イヤーマフをつけていればいいのにと思うのですが、やはり周囲の目が気になるようで、外出中はつけるのを嫌がります。

イヤーマフは、普通のヘッドホンのような見た目です。
だから、周囲からは「音楽を聴いているの?」と思われ、それが雑音を遮断するための保護具であるということを理解してもらえないことがあるようです。
そんな誤解をなんとかできないかという、聴覚過敏のお子さんを持つお母さんのツイッターでのつぶやきが、このマーク作成のきっかけになったそうです。

イヤーマフの耳当て部分にこのマークを貼り付けることによって、音楽を聴いているのではなく、耳を保護しているということを、周囲の人に視覚的に分かりやすく伝えることができるといいます。


このマークはどこで手に入るの?

『株式会社石井マーク』さんのホームページで無料公開されています。
ダウンロードして自由に使用することも可能で、実際にこのマークを使用したシールやステッカーを販売している方もいます。
こういうステッカーがあれば、周囲への理解を得やすくなりますよね。

ダウンロードはこちら

http://www.ishiimark.com/symbol_usapin.html

余談ですが、「石井マーク」で検索すると、声優の石井マークさんが上位にヒットします。え?こんなイケメンの方が作ったの??と勘違いしたのは私だけでしょうか…。
標識や銘板、ラベル等の製造販売をしている「株式会社石井マーク」さんの方です!

中学生のナッツは、思春期ということもあり、周囲の視線をとても気にしてしまいます。
ステッカーを貼れば周囲の理解は得られますが、逆に聴覚過敏であることを他人からどのように思われるのか気になってしまうため、抵抗があるようです。

さりげなく身につけることができて、可愛くて、堅苦しくない。
そんなお知らせアイテムを作れないだろうか…。という思いから始まり、
「苦手なことをさりげなく知らせる缶バッジ」を作ってみました。

さらに、感覚過敏に関することだけでなく、「ちょっと苦手なんです…」というレベルのものがあっていいのではないか?と思いました。
みんな、なにかしら不得意とするものってありますよね。
そんなちょっと苦手なことをさりげなく周囲に知ってもらえたら、少し肩の力が抜けるのではないか…。
そんな思いで、ちょっとユーモアも入れて作った商品です。
これからも種類を増やしていきたいと思っています。

どんな商品があるの?

販売しているのは、38mm、44mmの缶バッジです。
アクリルキーホルダーも作ってみたいと思ったのですが、やはり値段が高くなってしまうのがネック。
まずは手頃に購入できる値段の缶バッジから始めました。
小さすぎず、大きすぎずということで考えたのが、38mm、44mmサイズです。
実物の商品の写真です。(500円玉は、大きさの比較のためのもの)

裏の部分↓

 

どんな種類があるの?

現在販売しているものは、以下の種類です。

  • 大きな音が苦手です。
  • 苦手な音があります。
  • まぶしい光が苦手です。
  • 尖ったものが苦手です。
  • 集合体が苦手です。
  • 高いところが苦手です。
  • 狭いところが苦手です。
  • 人混みが苦手です。
  • 暗いところが苦手です。
  • 炭酸飲料は飲めません。
  • ブラックコーヒーは飲めません。

 

どこで手に入るの?

BOOTH(ブース)のサイト内の「でこぼこ商店」で販売中です。
pixiv(ピクシブ)と連携しているため、BOOTHを利用するには、ピクシブの会員登録(無料)が必要になります。
「楽天市場を利用するには、まず楽天会員へ登録する」というのと同様ですね。

ぜひ、でこぼこ商店をのぞいてみてくださいね!

ちなみに、私は、自分のオリジナル商品を作れるサイト「ピクシブファクトリー」とそれを販売できるサイト「BOOTH」を利用することで、自分のSHOPを開くことができました。
お店を開くまでの道のりは、こちらの記事もご覧ください。

自分のオリジナル商品を作りたい!売ってみたい!minneやcreemaでハンドメイドの作品を見ていると、本当にクオリティーが高くて素敵な作品がたくさんあります。 自分も何か作ってみ...