京都に行こう

2019年のGWは10連休?!子供と一緒に京都に行こう

2019年のゴールデンウィークは、10連休?!

この長い休暇に、いったい何をするか??

『ずばり、旅行でしょう!』

と、勝手に盛り上がる母です。

旅行といえば、「そうだ 京都、行こう」というJRの有名なコピーが浮かびます。
京都が大好きな私は、あのポスターを見ると、本当に今すぐにでも行きたくなってしまうんですよね。

我が家では、1年に1度だけ、お泊りで家族旅行に出かけます。
そしてその行き先は・・・

京都』です!

初めて家族で京都旅行に行ったのは、ナッツが小学1年生、チッチ3歳の時でした。
チッチはまだ、オムツ&よだれかけをしておりました。
「子連れで京都」って、どうなの?楽しめるのかな?って、一瞬、悩むのではないかと思いますが…。
子連れでも、京都は楽しい!

かれこれ7年間続けている京都旅行のお話をしてみようと、ブログに『京都旅』のカテゴリーを新たに作ってしまいました!
オススメしたいスポットを始め、子どもと一緒にお出かけするときのちょっとした情報などをお伝えしていきたいと思います。

初めて家族で京都旅行に行ったのは、ナッツが小学1年生の時で、それから、毎年ゴールデンウィークに京都旅行を続けています。
というわけで、8回行ってます!

うさ母
うさ母
ん?小1から中1までなら、7回じゃないの?

ある年、コケパパが

コケパパ
コケパパ
どうしても京都の紅葉が見たい!

と言うので、1年だけ、GWと秋に2回行ったことがあるのです。
しかし、紅葉シーズンの京都の混雑は、半端ない!
そして、2回行くとお金がかかりすぎ!(泣)
ということで、ゴールデンウィーク1回が定番となりました。

 

ゴールデンウィークの京都はどんな感じ?混雑するのでは?

基本的に、混みます。
しかし、それほど混まない穴場や、混まない時間というのもあります。
観光バスが続々訪れるようなスポットは当然混雑しますし、八坂神社・祇園周辺は常に混んでいるので、そういう場所を避ければいいわけです。
子どもがいるので、並んだり渋滞するのは、できるだけ避けたい!

ゴールデンウィークは、新緑の季節です。
もみじなどの木々が青々としていて、とても綺麗なんですよ!
「京都の桜」や「京都の紅葉」も憧れますが、私個人的には、新緑の頃が一番好きです。
新緑と苔が織りなす緑の世界。本当に美しいです。
そして、暑すぎず、寒すぎず、あちこち歩き回るにはぴったりの季節なのです。

 

子連れ旅行で気をつけること

① 無理をしない。
せっかく旅行に行くのだからと、あれこれ欲張って予定を詰め込みたくなってしまいますが、家族に合った計画を立てるのが一番ですね。

我が家の場合、基本的に、旅は2泊3日です。
泊りで行く旅は大好きなものの、環境が変わるとストレスを受けやすいナッツは、夜眠れなくなってしまうことがあります。旅行から帰ったあと、熱を出して寝込んでしまったこともありました。
そして、常に便秘気味のチッチは、環境が変わるとさらに便秘になってしまう!
旅行中はずっと出ないので、心配になってしまいます。
そんなことがあって、我が家の旅は2泊がちょうどよいという結論に達しました。

② 大人が行きたい場所+子どもが楽しめる場所
京都に行くのだから、絶対にお寺や神社には行きたい!
しかし、お寺ばかりだと、やはり子どもは飽きてしまうんですよね。
だから他に、ショッピングや子どもが楽しめる場所を組み合わせて予定を立てるようにします。
京都は「体験」もたくさんあるので、モノづくりをしてみるのも楽しいですよ。

③ 交通手段を工夫しよう
我が家の場合、京都へは車で行きます。
子連れだと何かと荷物が多くなるので、やはり車は便利です。
しかし、車で行くと当然駐車場が必要になってくるので、駐車場チェックも大切になります。



 観光する際の移動手段で一番先に思いつくのは、やはり「バス」です。
京都の市バスは、均一区間内であれば、料金は路線内で一律(大人230円、小児120円)とわかりやすく、一日乗車券などのお得な切符もあります。
しかし、やはり四条や祇園周辺では、バス内が混雑してギュウギュウ詰めになって乗っている様子を目撃することもあります。
子どもを連れて、大混雑のバスに乗るのは辛いです!

混雑が予想される時は、電車が選択肢に入る場所であれば電車を利用したり、タクシーを使ってしまうという方法もあります。
京都市内は、いたるところにタクシーが走っているので、捕まえるのはそれほど大変ではありません。

ちなみに、京都でよく見かけるヤサカタクシー。三つ葉のマークが目印ですが、四つ葉のタクシーも存在するのは有名な話です。
ヤサカタクシー1,400台のうち、4台しかいないという四つ葉タクシー。
それに乗ってから、幸せな出来事が起こった!という声が多数寄せられているそうです。
通常のタクシーと同じように市内を巡回営業しているそうですが、どこのエリアを巡回するかは日によって違うため、めぐり合うのは難しいようです。

私達は、1度だけ、嵐山で四つ葉タクシーを見かけました!
周囲では、すかさず写真を撮っていた方もいましたよ。
京都旅行でヤサカタクシーを見かけたときには、天井灯のマークをチェックしてみてくださいね。

話が逸れてしまいましたが、いろんな交通手段を検討して見ると良いと思います。

 

旅の始まりは、計画から 〜どこに泊まる?〜

我が家の場合、宿探しは12月頃から始めます。
やはりGWは予約がすぐに埋まってしまうことが多いので、早めに探し始めるのがベストです。

私が利用しているのは、じゃらん楽天トラベル
どちらもポイントが貯まるのでお得です。
じゃらんの方にしか載っていない宿、逆に楽天にしかない宿というのもたまにあるので、両方のサイトを見るようにしています。





ちなみに、じゃらんは、宿泊施設だけでなく、体験の予約もできるので便利です。
もちろんポイントも貯まりますし、時々、割引クーポンがもらえることがあります。

宿を選ぶ時の一番のポイントは、やはり料金ですが、それ以外には、子どもがいるので、和室や大浴場のある宿。あとは、駐車場がある(ない場合は近隣にコインパーキングがある)宿を選んでいます。
今までに宿泊してきた宿についての記事も、ぜひ見てみてくだいね。

子連れで楽しむ京都旅行 子連れでも安心の宿 その12012年、初めて家族で京都旅行に行きました。 あまりにも楽しい旅になったので、それ以来、毎年ゴールデンウィークに京都旅行に行くのが、...

 

どこを観光する?調べよう!

ネットで調べることも多いですが、やはりあると便利なのが、旅の本
特に京都の旅行本は、どれを選んでいいのか迷うくらいにたくさん出ていますね。
最初は、あれこれ買ってみたり、図書館で借りてみたり…。
しかし、最後はもうほとんどこの一冊になりました!私が一番使いやすいと思った本です。

地域ごとに観光スポット(見る、食べる)と、詳細な地図が載っています
この詳細な地図がとても便利で、これくらいの距離なら歩いていけるな…とか、ここにあるお店にもついでに寄ってみよう!とか、この道は一方通行だから、車では通れないよ!など、事前にある程度細かい予定が立てられます。
我が家では、2011年版をしぶとく使っているので、いい加減に新しいものにしようかと検討中。
旅行に行く時は必ず一緒に持っていきますが、携帯するには大きすぎるのがちょっと…。と、思っていたところ、なんと携帯に便利な「ちいサイズ」というコンパクト版が出ていました!これなら持ち歩けますね!

「どこのお寺に行こうかな?」と思ったら、お寺・神社を探すには、こちらがオススメです。

この本に載っているのは、本当にどこも素敵なところばかり。
お寺や神社に「はずれ」という言葉は失礼だけど、行ってみたら、想像していたよりも見応えがなくてがっかりしてしまうこともありますよね。
この本に載っているところは、はずれはないです!

 

車で行くなら、駐車場もチェック!

宿に駐車場がない場合は、近隣のコインパーキングを利用することが多いですが、事前に周辺の駐車場を予約しておくという方法もあります

コインパーキングは、行ってみないと空きがあるかわからない心配がありますが、予約しておけば確実に停められます!
料金の面でも、予約をしておけばあらかじめいくらなのかわかるので安心ですね。
「このパーキングの料金は?」「一晩停めたらいくらになるの?」と不安にならずにすみます。
私が利用しているのは、こちら↓ 駐車場予約アプリ akippa(アキッパ)



全国の開いている月極や個人の駐車場を一時利用できるサービスです。 目的地を入力して検索し、予約したい駐車場を選んだら、日にちと時間、車種やナンバー、電話番号を入力すればOK。
支払いは、「クレジットカード」と「携帯料金と合算でお支払い」から選ぶことができます。
駐車場によって、15分単位や1日単位で借りることが可能です。
予約受付開始日は駐車場によって異なり、当日〜14日先または30日先の予約となります。
連休中はすぐに予約が埋まってしまうこともあるので、早めにチェックしておくのがおススメです。 有料オプションを利用して月額料金を支払うと、通常よりも1〜3時間早く予約することができるようです。

旅は、行こうと決めたときから、もうワクワクが始まります。
計画を立てるのも、旅の楽しみの一つですよね。
超大型GWに向けて、ワクワクを初めてみませんか?

↓オススメのお寺の記事もぜひ参考にしてみてくださいね。

子連れで楽しむ京都旅行 おすすめのお寺京都で訪れたい場所と言えば、やはりお寺や神社です。 そこで、私の勝手にランキング(ベスト5)をご紹介 今まで観光してきた中で、私が本...