もの作り

自分のオリジナル商品を作りたい!売ってみたい!

minneやcreemaでハンドメイドの作品を見ていると、本当にクオリティーが高くて素敵な作品がたくさんあります。
自分も何か作ってみたいな〜。なんて気持ちにもなりますが、そこまで手先が器用じゃないのが悲しいところ…。
でも、そんな方に、オススメのサイトがあります。

自分のデザインの画像をアップロードするだけで、Tシャツやバッグ、マグカップなどのオリジナル商品が作れてしまうんです。
受注・発送なども全てお任せ。注文を受けてから製造されるため、在庫を抱える心配もありません。

昼の情報バラエティー番組を観ていたときに、『自分でデザインしたTシャツを販売する』というコーナーがありました。
画像をアップロードするだけで、簡単にTシャツを作って販売することができるといいます。

「これ、やってみたい!」娘、ナッツの目が輝きました。
絵を描くことが好きなナッツ。
中学に入学してまもなく、不登校になりました。
家にずっと居るので、暇なんですよね。
イラストレーターとクリスタを覚えて、少しずつ絵が描けるようになってきた頃でもありました。

とにかくネガティブになりがちな娘…。どんなことでもいいから、自分の好きなことや自信を持てることを見つけていけたらいいな。
やってみよう!Tシャツ作り。

しかし、テレビの放送で見た方が、どのサイトを使っていたのか覚えていません…。
検索してあれこれ調べた結果、「SUZURI」と「ピクシブファクトリー」にたどり着いたのです。
どちらも、自分のデザインを商品化できるサイトです。

共通していることは

  • 自分で作ったイラストや写真をアップロードすると、その画像を配置したグッズを、1個から作成することができる。
  • 注文が入ってから製造・発送されるため、在庫を抱える心配がない。
  • 売値は、商品の原価に、自分で得たい分を上乗せして設定することができる。
  • 自分で作った商品は、自分で購入することも可能。

作成できる商品はそれぞれ異なりますが、Tシャツ、トートバッグ、スマホケース、マグカップ、キーホルダー、缶バッジなど、様々なアイテムがあります。

 

SUZURIとは

GMOペポパ株式会社によるサービス。
GMOペポパは、ハンドメイドマーケット「minne」や、ネットショップ作成サービス「カラーミーショップ」も運営しています。

キャラクターの「忍者スリスリくん」を使ったかわいらしいサイトデザインで、親しみやすさを感じます。
ナッツは、SUZURIで始めてみることにしました。

細かい手順は簡略化しますが、順序としては、

  1. アプリをダウンロード
  2. 会員登録
  3. 画像をアップロード
  4. 商品を選んで、画像の大きさや配置を調整
  5. 金額を設定
  6. 「商品を販売する」ボタンを押せば、もう商品の販売開始です!

ちなみに、娘の商品はこちらからご覧いただけます。

https://suzuri.jp/natsuringo

 

実際のところ、売れたのか?

気になるのは、商品は売れたのか?ということですよね。

売れません!

ショップを開いてから、約1年が経過しますが、1個も売れていません!
SUZURIには、「ズッキュン」という機能があります。「いいね!」みたいなものですね。
その、ズッキュンマークさえほとんどつかない状況…。

商品がピックアップされてトップページに掲載されると、ズッキュンがたくさんついて、商品も売れるようです。
しかし、そうでない場合、たくさんある商品の中から見出され、さらに購入してもらえる確率は、やはり低いようです。

どうすればピックアップしてもらえるのか?ということを、SUZURI事務局に問い合わせた方の記事を見つけましたが、特に決まりはないようで、ランダムに選ばれるとのこと。
たくさん商品を出していれば目につく確率も高くなるので、せっせと商品をアップしていくしかないようですね。

プロの方の商品も多いです。一般人が戦うのは厳しいのかも…。
うーん。やはり現実はそんなに甘くないということか。

 

ピクシブファクトリーとは?

ピクシブファクトリーは、イラスト・漫画・小説投稿SNSサイト「pixiv(ピクシブ)」が運営している創作グッズサイト。
ピクシブファクトリーで作成したグッズは、BOOTH(ブース)で販売することができます。
ピクシブが運営しているだけあって、やはり商品のイラストのクオリティーが高いものが多い気がします。

ナッツとは別に、自分でも商品を作ってみたくなった私。
自分の下手な絵で挑戦するのはちょっと腰が引けてしまうけれど、勇気を出してチャレンジしてみることにしました!

感覚過敏で、苦手なものが多い娘のために。「苦手なものをお知らせする缶バッジ」を作成してみたのです。

BOOTH内の「でこぼこ商店」で販売しています。ぜひご覧ください!

こんな缶バッジです。(500円玉は大きさの見本)

 

ピクシブファクトリーを選んだ理由

  • ピクシブファクトリーの缶バッジ用のテンプレートは、仕上がり線と、裏側に巻き込まれる範囲の線が引かれているので、仕上がりのイメージをつかみやすい。
  • テンプレートがサイズごとに用意されているので、作りやすい。
  • バッジのサイズも豊富。四角い形もあり。

もうひとつ、ピクシブファクトリー&ブースのよい点は、商品を作っても、一般に向けて販売しなくてもよいというところ。

「公開して販売」ボタンを押さなければ、販売開始にはなりません。自分で購入することは可能なので、自分専用の商品にすることができます。

オリジナル商品を作りたい時に、小ロットで作成してくれるところは意外と少なかったりします。あったとしても、かなり割高になってしまう…。

でも、ピクシブなら1個から作れてしまうんです!
もちろん、注文数が多い方が、割引率がUPしてお得にはなります。

ところで…。
私がBOOTHで販売している缶バッジは売れたのか?というと…。

売れていません!

SUZURI同様、やはり世の中そう甘くはない…。
でも、これから発信して広めていきたいな〜と思っています!
私が販売している缶バッジに関する記事も、ぜひご覧ください。

聴覚過敏マーク(石井マーク)から得たヒント 苦手なことをお知らせする缶バッジを作ってみた! 感覚過敏について調べていた時、「聴覚過敏」マークの存在を知りました。 ...